2013年06月07日

脳の“ご褒美”


何か努力を要する事をやり遂げると、脳は“達成感”という“ご褒美”を感じます。嬉しくて、やる気が強くなるのです。


そこで、もうちょっと頑張って更に“達成感”を感じると、ますますやる気が強くなります。こうして、良いサイクルに入ることが出ます。次々に色々なチャレンジを行なって成功させる人は、良いサイクルに入るのがうまい人なのです。


意図して良いサイクルに入るには、最初の“ご褒美”を演習するチャレンジのレベルが重要です。難しすぎても、簡単すぎても駄目なんです。


難しすぎれば目標を達成できなので、明らかに駄目です。簡単すぎれば、できても“達成感”を感じないので、“ご褒美”にならないのです。


ということで、望ましい目標は次のような感じになるでしょう。


「簡単ではないが、努力すれば確実に達成できる目標」

posted by Leonisis at 20:35| 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。