2014年03月02日

高い目標をいくつものステップで達成する


試験勉強は合格することが目標です。ただ、「合格する」という目標だけだと、いきなり高すぎます。また、アバウトすぎるので、具体的な勉強のプランに落とし込めません。


そこで、具体的な複数のステップに分けることが必要です。いきなり2階には上がれなくても、階段があれば上がれます。2階が合格だとすれば、階段の各段差は具体的な各ステップに相当します。


各ステップでも一気に達成するのが困難だと感じたら、さらに複数の小ステップに分けるのがよいでしょう。


やってみて「ああ、なかなかできない」と思うよりは、小さなステップを「できた」「できた」「できた」・・・と進めていった方が効果的です。「できない」というのはネガティブな感情であるのに対して「できた」はポジティブな感情であり、やる気が湧いてくるからです。


試験勉強が得意な人は、このあたりのステップ分けも上手ですね。やる気が出るように、適度な難易度のステップに分けて、勉強のプランを作ります。

タグ:試験勉強
posted by Leonisis at 16:55| 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。