2015年07月28日

受験で成功するために


こんな言葉があります。


『失敗者とは、成功する前に諦めた人。』


同じことですが、


『成功者とは、成功するまで諦めなかった人。』


当りまえと言えば、当たり前です。でも、極めて重要なポイントです。


しかし、何でもかんでも諦めずに続ければ良いかと言うと、そうではありません。間違ったやり方は変えなければ駄目です。チャレンジを諦めてはいけないけれど、その戦略や具体的な方法は必要に応じて改善しなければなりません。


世の中には次のような残念な人が大勢います。


(1) 正しい方法なのに、諦めるのが早すぎる人。
(2) 間違った方法なのに、いつまでも続けている人。


成功者になるためには、正しい方法で成功するまで粘らなければなりません。


これは、基本的は受験でも同じです。


ただし、受験は年に1回ということが多いので、結果を見てから改善しようというのは成り立ちません。ふだんから、勉強方法の改善を意識的に行うべきです。その一方で、正しいと確信できた勉強法は結果が出るまで粘り強く続けるべきでしょう。


いずれにしても、現在の勉強法が適切かどうかの判断が合否を大きく分けることになります。


posted by Leonisis at 20:10| 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。