2014年01月13日

集中できる音源 - 科学的な勉強法


いまどき、スポーツでも勉強でも「根性論」や「ひたすら努力」は流行りません。やっぱり、「科学的なアプローチ」に従うべきでしょう。


勉強に関して「科学的なアプローチ」とは、脳の仕組みや働き、心理的な要素などを考慮したやり方です。


例えば、集中して勉強に入り込める音源(バイノーラルビート音源)などは、科学的なテクニックと言えるでしょう。バイノーラルビートは、任意の周波数の脳波を意図的に出させるテクニックです。集中状態に特徴的なアルファ波やシータ波を出させるために利用することが多いようです。


アルファ波やシータ波のバイノーラルビート音源を入手してBGM的に聞きながら勉強すると、不思議なほど集中できます。個人差はあると思いますが、大半の人に効果があるはずです。


なお、バイノーラルビートは左右の耳で異なる周波数の音を聞くことが本質的なので、スピーカーで流しては効果がありません。ヘッドフォンやイヤフォンで聞く必要があります。

タグ:集中
posted by Leonisis at 18:21| 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。