2014年04月04日

成功体験の重要性


自分がやっている勉強法に確信が持てず、いろいろな勉強法に目移りしてしまう人がいます。1つの勉強法の効果が出る前に別の勉強法を始めたりするので、なかなか自分の勉強スタイルを確立できません。


このような人は、どうも成功体験が乏しいように思われます。成功体験が無いと、成功するまでの紆余曲折、山と谷がわからないので、少し引っかかると直ぐに不安になってしまうのです。


まずは小さな事でもよいので、成功体験を積む工夫が必要でしょう。


十分な成功体験がある人は、直感が働きます。この方法でいけるんじゃないか、と。そして、ある程度の期間はブレずにその方法を続けます。


もちろん、それで100%成功できるわけではありませんが、成功体験に裏打ちされた直感はかなり当たります。万一だめでも、撤退するタイミングは早すぎず、遅すぎず。何が悪かったのかも考えるので、次回の精度も上がります。


このような事は試験勉強に限らず、ビジネスでもスポーツでも同じです。成功体験が足りないと思ったら、意図して小さな成功体験を増やすように工夫しましょう。

ラベル:勉強法
posted by Leonisis at 10:05| 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。