2014年10月21日

確信をもって勉強する


自分の勉強法に疑問を持ちながらも何となく続けているということはありませんか?


勉強は、ある程度の確信をもって進めないと成果がなかなか出ません。これはスポーツでも、ビジネスでも、投資でも同じことです。


なぜ成果が出ないかというと、仮に正しい方法を実践していたとしても全力投球できないからです。自分では全力で勉強しているつもりでも、その方法に疑問を感じている状態では潜在意識のレベルでブレーキがかかってしまうのです。「たぶん、だめだろうなぁ〜」といった認識がブレーキをかけます。


それでは、確信をもつにはどうしたらよいのでしょうか?


それには少しだけ結果を出して、「いけそうだ」という感覚を味わうことです。まず、成功者の勉強法を学び、それを実践してみます。そして、短期間でその効果を見れるような工夫をします。模擬試験などではまだ結果に結び付かないでしょうから、問題集の問題を解いてみたり、あるいは自分で小テストを作ってやってみるのです。


そこで「できた!」となれば、占めたものです。可能性を感じながらもっと勉強を進めましょう。そして、また小テストなどでチェックします。このサイクルを繰り返すことで、だんだん確信が強くなります。


一気に確信するよりは、経験を通して少しずつ確信を強める方が現実的でしょう。



posted by Leonisis at 12:10| 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。